カプサイシン – Wikipedia


カプサイシン – Wikipedia

カプサイシン (capsaicin) はアルカロイドのうちカプサイシノイドと呼ばれる化合物のひとつ。唐辛子の辛味をもたらす主成分で、辛味の指標であるスコヴィル値における基準物質。 脂溶性の無色の結晶で、アルコールには溶けやすいが冷水にはほとんど溶けない。摂取すると受容体活性化チャネルのひとつであるTRPV1を刺激し、実際に温度が上昇しないものの激しい発熱感をひきおこす。この機構はメントールによる冷…

はてなブックマーク - カプサイシン - Wikipedia はてなブックマークに追加

masa-zx masa-zx




Comments are closed