カプサイシンががんの発生促進、建国大教授らが解明


カプサイシンががんの発生促進、建国大教授らが解明

【ソウル6日聯合ニュース】各国で料理に愛用されているトウガラシの辛味成分で鎮痛剤にも利用されるカプサイシンが、がんの発生を促進するとの研究結果が出た。 建国大学が6日に明らかにしたところによると、同大学特性化学部生命工学科の李基ウォン(イ・ギウォン)教授、ソウル大学の李炯周(イ・ヒョンジュ)教授、米ミネソタ大学のアン・ボード教授が共同で研究を行い、カプサイシンががん誘発タンパク質となる上皮成長因子…

はてなブックマーク - カプサイシンががんの発生促進、建国大教授らが解明 はてなブックマークに追加

masa-zx masa-zx




Comments are closed