富士山の噴火史 – Wikipedia


富士山の噴火史 – Wikipedia

富士山は高さと山体の大きさにおいて日本最大の火山である。富士山は最近10万年で急速に大きくなったと考えられており、その意味では「若い火山」に分類される。現在見えている山の外観は約1万年前から噴火活動を開始した新富士火山であり、その下に約70万年前から活動していた小御岳(こみたけ)火山と約10万年前から約1万年前に噴火した古富士火山が存在する。 [編集] 小御岳火山 富士山の周辺一帯は数百万年前から…

はてなブックマーク - 富士山の噴火史 - Wikipedia はてなブックマークに追加

masa-zx masa-zx




Comments are closed