気象庁|噴火警戒レベルの説明


気象庁|噴火警戒レベルの説明

気象庁|噴火警戒レベルの説明

噴火警戒レベル(「警戒が必要な範囲」と「とるべき防災対応」) 噴火警戒レベルは、火山活動の状況に応じて「警戒が必要な範囲」と防災機関や住民等の「とるべき防災対応」を5段階に区分して発表する指標です。 国全体の火山防災の基本方針を定めた防災基本計画(火山災害対策編)と「噴火時等の避難に係る火山防災体制の指針」に基づき、各火山の地元の都道府県等は、火山防災協議会(都道府県、市町村、気象台、砂防部局、火…

はてなブックマーク - 気象庁|噴火警戒レベルの説明 はてなブックマークに追加

masa-zx masa-zx “噴火警戒レベル”




Comments are closed