伊トリノ市が「Windows XP」から「Ubuntu」に移行–600万ユーロ削減を目指す – ZDNet Japan


伊トリノ市が「Windows XP」から「Ubuntu」に移行–600万ユーロ削減を目指す – ZDNet Japan

伊トリノ市が「Windows XP」から「Ubuntu」に移行--600万ユーロ削減を目指す - ZDNet Japan

600万ユーロ–これは「Windows XP」から「Ubuntu Linux」に切り替えるトリノ市が、5年間で目指す削減金額だ。 このマイグレーションは、市の8300台のPCにオープンソースOSの「Ubuntu」をインストールするもので、すぐにでもWindowsとOfficeのライセンスコストとしてマシン1台あたり約300ユーロの削減が実現する(8300台分で250万ユーロをカットできる)。その…

はてなブックマーク - 伊トリノ市が「Windows XP」から「Ubuntu」に移行--600万ユーロ削減を目指す - ZDNet Japan はてなブックマークに追加

masa-zx masa-zx




Comments are closed