過ぎたるは猶及ばざるが如し – 故事ことわざ辞典

過ぎたるは猶及ばざるが如し - 故事ことわざ辞典

過ぎたるは猶及ばざるが如し - 故事ことわざ辞典

何事も程ほどが肝心で、やり過ぎることはやり足りないことと同じように良いこととは言えない。 良いと言われることでも、やり過ぎは害になるということ。 『論語・先進』にある、孔子が二人の門人子張(師)と子夏(商)を比較して言った言葉に基づく。 「水準を越した師も水準に達しない商も、ともに十全ではない。人の...

はてなブックマーク - 過ぎたるは猶及ばざるが如し - 故事ことわざ辞典 はてなブックマークに追加




Comments are closed