域外共通関税(いきがいきょうつうかんぜい)とは – コトバンク

域外共通関税(いきがいきょうつうかんぜい)とは - コトバンク

域外共通関税(いきがいきょうつうかんぜい)とは - コトバンク

関税同盟の結成にあたり,加盟国が域外からの輸入品に対して共同で設定する共通の関税のこと。これに対して,域内国間では関税を撤廃するが,域外に対しては各国が独自の関税政策を実施できるものとして自由貿易地域がある。

はてなブックマーク - 域外共通関税(いきがいきょうつうかんぜい)とは - コトバンク はてなブックマークに追加




Comments are closed