緑肥 – Wikipedia

緑肥 - Wikipedia

緑肥 - Wikipedia

緑肥(りょくひ)とは、栽培している植物を、収穫せずそのまま田畑にすきこみ、つまり、植物と土を一緒にして耕し、後から栽培する作物の肥料にすること、またはそのための植物のことである。 背景[編集] 戦後、硫安(硫酸アンモニウム)、尿素など、安価な化学肥料が大量生産されるまでは、窒素肥料になる物は貴重品で...

はてなブックマーク - 緑肥 - Wikipedia はてなブックマークに追加




Comments are closed