「三流役者が、えらそうに!!」百田尚樹氏、映画『空母 いぶき』に首相役で出演の佐藤浩市氏の「最初は絶対やりたくないと思いました…体制側の立場を演じることに対する抵抗感が…下痢する弱い首相の設定にしてもらったんです」発言に激怒のツイート | アノニマスポスト

「三流役者が、えらそうに!!」百田尚樹氏、映画『空母 いぶき』に首相役で出演の佐藤浩市氏の「最初は絶対やりたくないと思いました…体制側の立場を演じることに対する抵抗感が…下痢する弱い首相の設定にしてもらったんです」発言に激怒のツイート | アノニマスポスト

「三流役者が、えらそうに!!」百田尚樹氏、映画『空母 いぶき』に首相役で出演の佐藤浩市氏の「最初は絶対やりたくないと思いました…体制側の立場を演じることに対する抵抗感が…下痢する弱い首相の設定にしてもらったんです」発言に激怒のツイート | アノニマスポスト

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします ↓ ↓ ↓ 阿比留 瑠比 観に行こうかと考えていた映画『空母いぶき』に関心を失った件について。『ビッグコミック』誌のインタビューに、首相役の俳優、佐藤浩市氏がこう述べているのが掲載されていたのを読んでしらけたからです。 「最初は絶対やりたく...

はてなブックマーク - 「三流役者が、えらそうに!!」百田尚樹氏、映画『空母 いぶき』に首相役で出演の佐藤浩市氏の「最初は絶対やりたくないと思いました…体制側の立場を演じることに対する抵抗感が…下痢する弱い首相の設定にしてもらったんです」発言に激怒のツイート | アノニマスポスト はてなブックマークに追加




Comments are closed