岡崎市立中央図書館事件 – Wikipedia


岡崎市立中央図書館事件 – Wikipedia

岡崎市立中央図書館事件(おかざきしりつちゅうおうとしょかんじけん)は、2010年3月頃に岡崎市立中央図書館の蔵書検索システムにアクセス障害が発生し、利用者の一人が逮捕された事件。利用者に攻撃の意図はなく、また、根本的な原因がシステムの不具合にあったことから、論議を呼んだ。Librahack事件とも呼ばれる。 [編集] 事件の経緯 2010年3月頃、市民から同図書館のウェブサイトの蔵書検索システムに…

はてなブックマーク - 岡崎市立中央図書館事件 - Wikipedia はてなブックマークに追加

masa-zx masa-zx エンジニアとしてこういう事は知っとかないかんかな~




Comments are closed