デジタルカメラの撮像素子(CCD、CMOS)サイズ比較


デジタルカメラの撮像素子(CCD、CMOS)サイズ比較

デジタルカメラの撮像素子(CCDやCMOS。銀塩カメラのフィルムに相当する部品)は、1枚の大きな基盤から豆腐のように1枚1枚切り出して使います。ですから、撮像素子の面積はそのままカメラの価格に直結します。 大きな撮像素子なら1画素あたりの受光量も余裕があり、写真の画質も上がります。小さな撮像素子に無理矢理たくさんの画素を詰め込めば、1画素あたりの受光量は減り、どうしても無理が出ます。カメラメーカー…

はてなブックマーク - デジタルカメラの撮像素子(CCD、CMOS)サイズ比較 はてなブックマークに追加

masa-zx masa-zx

タイトルとURLをコピーしました