気象庁|活火山とは


気象庁|活火山とは

気象庁|活火山とは

かつて使われた「休火山」「死火山」とは 昔は、今現在活動している、つまり噴火している火山は「活火山」、現在噴火していない火山は「休火山」あるいは「死火山」と呼ばれていました。 例えば、富士山のように歴史時代(文献による検証可能な時代)に噴火記録はあるものの、現在休んでいる火山のことを指して「休火山」、歴史時代の噴火記録がない火山のことを指して「死火山」という表現が使われていました。 「活火山」の定…

はてなブックマーク - 気象庁|活火山とは はてなブックマークに追加

masa-zx masa-zx




Comments are closed