【Bash脆弱性 続報】 Red Hat Enterprise LinuxおよびFedora向けのセキュリティアップデートがリリース、残されていた脆弱性に対応:CodeZine


【Bash脆弱性 続報】 Red Hat Enterprise LinuxおよびFedora向けのセキュリティアップデートがリリース、残されていた脆弱性に対応:CodeZine

米Rad Hatは同社のブログにおいて、対応が残されていたBashの脆弱性(CVE-2014-7169)を修正するためのRed Hat Enterprise Linux(以下、RHEL)向けセキュリティアップデートをリリースしたことを発表した。 このセキュリティアップデートに関する情報は、同社のエラッタページで見ることができる。同社では、すべてのREHLユーザーに対し、脆弱性を突く攻撃を受ける前に…

はてなブックマーク - 【Bash脆弱性 続報】 Red Hat Enterprise LinuxおよびFedora向けのセキュリティアップデートがリリース、残されていた脆弱性に対応:CodeZine はてなブックマークに追加

masa-zx masa-zx




Comments are closed