ナノテクノロジー – Wikipedia


ナノテクノロジー – Wikipedia

ナノテクノロジー (nanotechnology) は、物質をナノメートル (nm、1 nm = 10-9m)の領域において、自在に制御する技術のことである。ナノテクと略される。物質を原子レベルの大きさで制御しデバイスとして使うという考えは、リチャード・P・ファインマンが1959年におこなった講演"There’s Plenty of Room at the Bottom"[1]にすでにみられている…

はてなブックマーク - ナノテクノロジー - Wikipedia はてなブックマークに追加

masa-zx masa-zx




Comments are closed