日刊ゲンダイ|致死率3割 デング熱より怖い「SFTS」が西日本で流行中


日刊ゲンダイ|致死率3割 デング熱より怖い「SFTS」が西日本で流行中

日刊ゲンダイ|致死率3割 デング熱より怖い「SFTS」が西日本で流行中

デング熱の感染者は49人となり、どんどん拡大しているが、その裏で、もっと恐ろしい感染症が猛威を振るっている。 現在、西日本を中心に急拡大しているのが、「重症熱性血小板減少症候群」(SFTS)だ。11年に新種のウイルスとして中国の研究者が確認し、中国を中心に大流行。日本でも昨年確認され、今年に入ってから感染者数が半年で昨年を超えるなど患者数が急増している。 SFTSはタカサゴキララマダニとフタトゲチ…

はてなブックマーク - 日刊ゲンダイ|致死率3割 デング熱より怖い「SFTS」が西日本で流行中 はてなブックマークに追加

masa-zx masa-zx




Comments are closed