日米の金融政策の違いを背景に上昇基調となった米ドル | マイナビニュース


日米の金融政策の違いを背景に上昇基調となった米ドル | マイナビニュース

日米の金融政策の違いを背景に上昇基調となった米ドル | マイナビニュース

8月下旬以降、米ドルは円に対して上昇基調となり、足元では105円台となるなど、円安・米ドル高が進んでいます。その背景には、日米の景気動向を背景とした、金融政策の違いがあるとみられます。 米国の2014年4-6月期のGDP成長率は前期比でプラス4.2%(年率)となり、個人消費や住宅投資などの回復傾向が示されました。また、7月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が、6ヵ月連続で、改善の目途である前月比2…

はてなブックマーク - 日米の金融政策の違いを背景に上昇基調となった米ドル | マイナビニュース はてなブックマークに追加

masa-zx masa-zx




Comments are closed