Red Hat Enterprise Linux 7がやってきた[ストレージ編] – 第2回 XFSの高速化と高可用性を実現する4つの特徴:ITpro


Red Hat Enterprise Linux 7がやってきた[ストレージ編] – 第2回 XFSの高速化と高可用性を実現する4つの特徴:ITpro

Red Hat Enterprise Linux 7がやってきた[ストレージ編] - 第2回 XFSの高速化と高可用性を実現する4つの特徴:ITpro

前回、XFSの技術上の特徴として、(1)複数ブロックにまたがるメタデータのB+ treeデータ構造、(2)エクステントを単位としたブロック管理、(3)遅延アロケーションによるブロック割り当て、(4)ジャーナリングによる障害からの高速な復旧、──の四つを挙げた。以下では、それぞれの特徴を詳しく解説していこう。 (1)複数ブロックにまたがるメタデータのB+ treeデータ構造 B+ treeデータ構造…

はてなブックマーク - Red Hat Enterprise Linux 7がやってきた[ストレージ編] - 第2回 XFSの高速化と高可用性を実現する4つの特徴:ITpro はてなブックマークに追加

masa-zx masa-zx




Comments are closed