Red Hat Enterprise Linux 7がやってきた[起動処理編] – 第1回 Linuxの起動プロセスとsystemd:ITpro


Red Hat Enterprise Linux 7がやってきた[起動処理編] – 第1回 Linuxの起動プロセスとsystemd:ITpro

Red Hat Enterprise Linux 7がやってきた[起動処理編] - 第1回 Linuxの起動プロセスとsystemd:ITpro

Red Hat Enterprise Linux 7(RHEL7)では、「systemd」という新しいLinuxの起動処理とサービス管理の仕組みが導入された。システムの起動処理にかかる時間を短縮するなど、さまざまなメリットを備えている。 従来のバージョンであるRHEL5では「SysVinit」、RHEL6では「Upstart」という仕組みが採用されていた。systemdは、これらの仕組みとは大きく…

はてなブックマーク - Red Hat Enterprise Linux 7がやってきた[起動処理編] - 第1回 Linuxの起動プロセスとsystemd:ITpro はてなブックマークに追加

masa-zx masa-zx




Comments are closed