神戸新聞NEXT|医療ニュース|細胞の老化などに関係 テロメア修復仕組みを解明


神戸新聞NEXT|医療ニュース|細胞の老化などに関係 テロメア修復仕組みを解明

神戸新聞NEXT|医療ニュース|細胞の老化などに関係 テロメア修復仕組みを解明

染色体の末端にあり、その長短が細胞の寿命や老化に深く関係する部位「テロメア」について、長さを抑制する仕組みを、関西学院大理工学部(兵庫県三田市)の田中克典教授らのグループが初めて明らかにした。抗がん剤の開発などにつながる可能性もあり、このほど米国科学アカデミー紀要に掲載された。 通常の細胞は、分裂のたびにテロメアが少しずつ短縮、一定の長さになると細胞が寿命を迎え、分裂をやめる。一方、生殖細胞やがん…

はてなブックマーク - 神戸新聞NEXT|医療ニュース|細胞の老化などに関係 テロメア修復仕組みを解明 はてなブックマークに追加

masa-zx masa-zx




Comments are closed