Linuxサーバ2万5000台にマルウェアが感染、攻撃加担の実態も – ITmedia エンタープライズ


Linuxサーバ2万5000台にマルウェアが感染、攻撃加担の実態も – ITmedia エンタープライズ

過去2年で2万5000台以上のサーバがLinuxを狙うマルウェアの「Ebury」に感染し、Webトラフィックのリダイレクトやマルウェアの大量送信に使われていたことが判明した。セキュリティ企業のESETが3月18日のブログで伝えた。 同社はこの攻撃を「Operation Windigo」と命名し、詳細について解説したホワイトペーパーを公表。攻撃に使われたインフラは全て、マルウェアに感染したサーバでホ…

はてなブックマーク - Linuxサーバ2万5000台にマルウェアが感染、攻撃加担の実態も - ITmedia エンタープライズ はてなブックマークに追加

masa-zx masa-zx




Comments are closed